競馬革命|競馬のまとめ

競馬のあらゆるのもの紹介しています、そしてまとめています。

    keiba

    競馬予想

    5

    函館2歳Sでやりそうな騎手まとめ 

     


    函館2歳Sー管理人はここのサイトに注目しています。
    競馬コンシェルジュ口コミ

    keibako1



     

     

     

    【函館2歳S(26日=日曜、函館芝1200メートル)注目馬22日最終追い切り:函館】デビュー戦を4馬身差で快勝したメジャータイフーンは三浦を背にウッド4ハロンからヴィータアレグリア(古馬500万下)を2馬身差で追走。直線は内に潜り込み、余力十分に1馬身先着した(54・6―38・3―12・4秒)。

     高柳調教師「実戦を使って体が締まったし、気配もいいね。ゲートはあまり速くなかったが、競馬を経験した今回はもう少し出ると思う。多頭数で馬群に囲まれた際がどうかだが、レースもある程度流れるはずだから。パワーがあるので悪馬場もこなしてくれそう」

     
    今回ブック想定では
    勝浦
    【函館2歳Sでやりそうな騎手まとめ】の続きを読む

    ユーロビートはここまで強いとは!!ネット評価まとめ

     

    大井のユーロビートが6馬身差の圧勝/マーキュリーカップ

     20日、盛岡競馬場で第19回マーキュリーC(GIII・3歳上・ダ2000m・1着賞金2300万円)が行われ、序盤は後方で進め、向正面で一気に仕掛けて2番手に上がった吉原寛人騎手騎乗の6番人気ユーロビート(セ6、大井・渡辺和雄厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の3番人気ソリタリーキング(牡8、栗東・石坂正厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分7秒8(良)。

     さらに1馬身差の3着に5番人気トウショウフリーク(牡8、栗東・今野貞一厩舎)が入った。なお、1番人気メイショウコロンボ(牡6、栗東・角田晃一厩舎)は5着、2番人気テイエムダイパワー(牡5、栗東・木原一良厩舎)は9着に終わった。

     勝ったユーロビートは、父スズカマンボ、母メジロブルネット、その父エリシオという血統。前走の帝王賞で4着と健闘した実力をここでも発揮し、見事にJRA勢を撃破した。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆ユーロビート(セ6)
    騎手:吉原寛人
    厩舎:大井・渡辺和雄
    父:スズカマンボ
    母:メジロブルネット
    母父:エリシオ
    馬主:吉田和美
    生産者:メジロ牧場
    通算成績:25戦7勝(JRA17戦4勝・重賞2勝)

     
     
    2015年盛岡ーマーキュリーカップ動画
    【マーキュリーカップ【2015年】ユーロビートはここまで強いとは!!ネット評価まとめ】の続きを読む

    今週の重賞ニュースまとめ|競馬革命

     

    管理人オススメの競馬予想会社チェックサイト
    競馬予想会社ナイン



    今週7月19日は函館競馬場で函館記念が開催されます!!


    昨年の函館記念の動画と結果です


    『2014年函館記念』


    2014年函館記念
    1着 ラブイズブーシェ 古川洋吉

    2着 ダークシャドウ ローウィン

    3着 ステラウインド   三浦皇成

     


    ヴァーゲンザイル、函館記念厩舎情報/美浦トレセンニュース

     先週はウッドチップコースで1週前追い切りをこなし、今週(7/15)は坂路で最終追い切りを消化したヴァーゲンザイル(セン7・美浦・田村康仁)について、騎乗した高木大輔調教助手に話を聞いた。

    「前走の目黒記念(GII・13着)は、高速馬場で太刀打ちができませんでした。レース後は放牧に出て、その後は新潟記念のプランもありましたが、以前乗ってくれた吉田豊騎手が洋芝が合うと進言してくれたこともありましたし、1度函館も試してみようということになって、函館記念を使うことになりました。

     フラットなコースでは走るのを止めてしまうので、これまでは坂路以外では追い切りができませんでした。けれども先週のウッドチップコースでの追い切りはうまくいきましたし、それは評価をして良いと思います。この馬の場合は時計よりもいかに気分良く走らせるかが鍵なので、気分を害さないように心がけましたが、坂路のコンディションも良かったですし、今週は走り慣れた坂路で気分良く追い切りができました。馬の状態も良いですね。

     時計よりも気分良く走らせるという調教でも結果は出していますし、まともなら重賞を勝てるくらいの馬です。あとは当日の馬場状態にもよりますね。馬場が悪いとタイムオーバーになったこともあるほど、走りません。時計のかかる良馬場が、この馬には合っていると思います。函館へは明日木曜日(7/16)の午前4時に出発予定です」(取材・写真:佐々木祥恵)

     
    【函館記念】必勝宣言が出た!エアソミュール態勢万全
     
    【函館記念|今週の重賞ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ