日本ダービー(東京優駿)予想|過去5年間の複勝圏内馬活躍しているコースとは?

 空前のハイレベルと言われている第83回日本ダービー(5月29日、東京芝2400m、3歳GI)のスタートが近づいてきた。

 今年の3歳牡馬クラシック戦線には、例年なら「一強」の大本命になってもおかしくない馬が4、5頭いる。

 なかでも、敬意を表して最初にとり上げるべきなのは、皐月賞を制したディーマジェスティ(牡、父ディープインパクト、美穂・二ノ宮敬宇厩舎)だろう。単勝8番人気の伏兵と見られていたが、差し届いたと思ったら、突き抜けていた。

 陣営は、以前から左回りのほうがいいと感じていたという。あまりよくないと思われていた右回りであの強さなのだから、順調に調整され、さらに成長した今、適性のある舞台でどんな走りを見せてくれるのか。

 過去10年で[4-2-0-4]という絶好の1枠1番を引き当て、よりおあつらえ向きの舞台設定になった。

 鞍上の蛯名正義は、デビュー30年目で24度目のダービー参戦。2012年のフェノーメノでは鼻差、2014年のイスラボニータでは3/4馬身差の2着に泣いた。悲願の初制覇なるか、注目必至だ。

産駒の中で、最も父に似た走りのマカヒキ。

 皐月賞で2着だったマカヒキ(牡、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)の逆転も充分考えられる。ラスト3ハロンはディーマジェスティの34秒0を凌ぐメンバー最速の33秒9。こちらも明らかに中山より東京のほうがいいタイプだ。

 操縦性の高い馬なので、初めての左回りも心配ない。また、どのポジションでも折り合えるので、距離延長は歓迎だろう。皐月賞と同じ2枠3番からロスなく進める。

 何より強調したいのは、今年のダービーに出てくる6頭のディープ産駒のなかではズバ抜けて、そして歴代のディープ産駒のなかでも一番と言っていいほど、父に走りが似ている、ということだ。府中の直線で「飛ぶ」サラブレッドの姿を、今週末久々に見られそうな気がする。

10回やって一番多く勝ちそうなのはサトノダイヤモンド。

 同じメンバーで10回やったら、一番多く勝つのはサトノダイヤモンド(牡、父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)ではないか。だからといって、1回目のここで勝つとは限らないのが競馬の怖さだ。

 池江調教師が皐月賞の前から「最大目標はダービー」と明言していたように、3着だった皐月賞より格段に状態が上向いている。

 もともと競馬が上手で総合力が高く、自分の力をキッチリ出し切る優等生だ。今回は、出し切ることのできる力の総量が大幅に増えている。

 3着を外す可能性がメンバー中もっとも低いのはこの馬だろう。が、力の近い強豪同士のせめぎ合いから、ドカーンと抜け出す爆発力があるという点では、マカヒキやディーマジェスティに一歩譲るように思えてならない。

 2歳王者のリオンディーズ(牡、父キングカメハメハ、栗東・角居勝彦厩舎)は、自ら激流をつくり4位入線5着となった皐月賞で、その力をあらためて証明してみせた。

 兄のエピフェネイア同様、一生懸命になりすぎるのか、序盤から行きたがってエネルギーをロスするところがあったが、この中間、舌を縛ることで、折り合い面に進境が見られるようになった。昨年の朝日杯フューチュリティステークスで、最速タイ記録となるデビューから29日目でのJRA・GI制覇をやってのけた天才が、溜める走りを覚えたら……と考えると恐ろしい。

 
日本ダービー過去5年間の複勝圏内馬
 
日付馬名性別年齢騎手人気着順調教師走破タイム
15年ドゥラメンテ3M.デム11堀宣行2232
15年サトノラーゼン3岩田康誠52池江泰寿2235
15年サトノクラウン3ルメール33堀宣行2235
14年ワンアンドオンリー3横山典弘31橋口弘次2246
14年イスラボニータ3蛯名正義12栗田博憲2247
14年マイネルフロスト3松岡正海123高木登2249
13年キズナ3武豊11佐々木晶2243
13年エピファネイア3福永祐一32角居勝彦2244
13年アポロソニック3勝浦正樹83堀井雅広2246
12年ディープブリランテ3岩田康誠31矢作芳人2238
12年フェノーメノ3蛯名正義52戸田博文2238
12年トーセンホマレボシ3ウィリア73池江泰寿2239
11年オルフェーヴル3池添謙一11池江泰寿2305
11年ウインバリアシオン3安藤勝己102松永昌博2308
11年ベルシャザール3後藤浩輝83松田国英2319

 

これらの馬が活躍しているコース

 

コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
京都・芝1800外4- 2- 2- 1/ 944.40%88.90%100143
東京・芝18009- 3- 1- 3/1656.30%81.30%256138
阪神・芝20005- 1- 2- 3/1145.50%72.70%21998
東京・芝20003- 2- 2- 5/1225.00%58.30%179135
中山・芝25004- 3- 0- 7/1428.60%50.00%5582
京都・芝3200外2- 1- 1- 4/ 825.00%50.00%221147
中山・芝20004- 3- 1- 9/1723.50%47.10%14194
東京・芝24003- 2- 0- 7/1225.00%41.70%212168
中山・芝22002- 0- 0- 6/ 825.00%25.00%455100

 

これを見ると

京都芝1800m・東京芝1800m

本命

サトノダイヤモンド

相手

ディーマジェスティ

 

 

 


 




無料予想はここを信頼しています
ギャロップジャパンの予想に期待


gpday







【日本ダービー(東京優駿)予想|過去5年間の複勝圏内馬活躍しているコースとは?】の続きを読む