競馬革命|競馬のまとめ

競馬のあらゆるのもの紹介しています、そしてまとめています。

    keiba

    オークス

    【2018年オークス】アーモンドアイは桜花賞最高レーティング


    keibaza




    衝撃だった桜花賞





    1:2018/04/12(木) 11:48:06.21 ID:
    http://jra.jp/datafile/ranking/jyusyo/2018/04-g1.html#race2
    115 2018アーモンドアイ

    113 2014ハープスター

    112 2017レーヌミノル
    112 2016ジュエラー
    112 2015レッツゴードンキ
    112 2009ブエナビスタ
    2:2018/04/12(木) 11:49:30.09 ID:
    他の上位ひどすぎるだろ
    4:2018/04/12(木) 11:51:52.92 ID:
    ハープより上なのかよ
    5:2018/04/12(木) 11:52:15.36 ID:
    テイエムオーシャンは120くらいかな
    7:2018/04/12(木) 11:53:17.91 ID:
    ハープ最強()とかがそもそも意味不明だったし
    これでハープ基地も理解できただろ
    レートに意味なんてないんだと
    8:2018/04/12(木) 11:54:13.75 ID:
    リオンディーズにグラスワンダー以来の高値つけるような盲目だろ
    20:2018/04/12(木) 12:05:44.06 ID:
    http://uma-channel.jp/umafile_1/index_54.html
    ここに歴代のレーティング載ってる
    26:2018/04/12(木) 12:13:47.25 ID:
    桜花賞レコードってのが大きいのかな
    29:2018/04/12(木) 12:18:21.96 ID:
    【シンザン記念後記】アーモンドアイ「新・女傑候補」の可能性を占う

     ハッキリとした口調で
    戸崎圭が答えた質問の内容は
    「ジェンティルドンナの
    ような馬になれるかどうか」。

    “さすがに時期尚早”的な答えが返ってくることを想定していたが、
    鞍上の言葉は驚くほどに歯切れのいいものだった。

    「ゲートをミスってしまったけど、その後はリラックスして走ってくれた。
    乗っていて“強い”と感じる馬ですね。切れるタイプですが、馬場を問うようなレベルではありません」(戸崎圭)

    戸崎

    『馬場を問うようなレベルのハナクソはもう越えた』

    戸崎

    『馬場を問うようなレベルのハナクソはもう越えた』

    戸崎

    『馬場を問うようなレベルのハナクソはもう越えた』
    ソース
    https://secure.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20180109-00000047-tospoweb-horse.html?c=1&ySiD=H.u0Wu4Qbkrl5w4U6dy7&guid=ON


    月間収支プラス42万円を達成できた
      
      「新 競 馬 指 数」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    競馬歴わずか五ヶ月で月に42万円も
    稼ぐ事ができた理由はたった2つ。
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    理由1:競馬指数で買い目を出したから

    レースで勝つ可能性が高い馬が
    指数(数値)でわかるから、
    誰でも簡単に勝つ馬を見極め可能。

    \あなたが行うことは極端にカンタン/

    【指数をみて→買い目を出して→馬券を買うだけ】

    買い目出しはわかりやすい解説や
    参考買い目があるので、競馬予想に
    1ミリも悩む必要はありません。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    理由2:予想の精度が圧倒的に優れているから

    世の中にあふれている予想は多くの欠点があります。

    【予想家の予想】
    →検証している要素が多いが、
    人の手による予想はミスやブレる事が多い。

    【従来の競馬データ(指数)の予想】
    →検証している要素が1つしかない、
    または少ないため的中してもガチガチの配当ばかり。

     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

    「新競馬指数」なら・・・

    ◆データから予想しているので、予想家の予想より正確。
    ◆4つの豊富な情報量を掛け合わすことで、高配当の的中が可能。


    \予想家、指数、競馬データの良いとこ取り/

    それが新競馬指数「コラボ指数」です。


        直近の的中実績
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    05月06日新潟3R  3連単 60点  67,810円
    05月05日京都2R  馬単   4点   4,600円
    04月29日東京3R  3連単 60点 126,510円
    04月28日京都5R  馬単   5点  11,480円
    04月22日福島6R  馬単   6点   4,200円
    04月21日東京4R  3連単 60点  77,140円
    04月15日中山3R  3連複 20点  12,430円
    04月14日中山4R  3連単 20点  43,900円
    04月08日中山8R  3連単 60点 234,730円
    04月07日中山1R  馬単  20点  15,080円
    04月01日中山12R 3連単 30点  53,040円
    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    競馬収支を増やすという事に関して、
    これ以上に無い競馬情報だと言えるでしょう。

    それもそのはずです、「的中と利益」だけを見据えて、
    予想家、競馬データ、競馬指数、
    全ての予想を超えるために作った指数なのですから。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    無限の可能性をもつコラボ指数を
    まずは、無料で好きなだけ使ってください。

    ※今なら1日最大18レースの指数が無料※

    5
    2016年オークス予想|1番人気シンハライトの不安点

     22日に東京競馬場で行われる、第77回オークス(3歳・牝・GI・芝2400m・1着賞金1億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、桜花賞2着からの戴冠を狙うシンハライト(牝3、栗東・石坂正厩舎、2.6倍)が支持された。

     続いての2番人気はフローラSを快勝したチェッキーノ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎、3.6倍)、3番人気はフラワーCを勝ったエンジェルフェイス(牝3、栗東・藤原英昭厩舎、11.9倍)となった。

     以下、M.デムーロ騎手と新コンビを組むビッシュ(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎、13.7倍)、桜花賞で3着に入ったアットザシーサイド(牝3、栗東・浅見秀一厩舎、13.9倍)、忘れな草賞を制したロッテンマイヤー(牝3、栗東・池添学厩舎、15.4倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    03 シンハライト 2.6
    13 チェッキーノ 3.6
    11 エンジェルフェイス 11.9
    14 ビッシュ 13.7
    04 アットザシーサイド 13.9
    17 ロッテンマイヤー 15.4
    08 デンコウアンジュ 17.0
    06 アドマイヤリード 22.0
    12 フロンテアクイーン 28.3
    05 ペプチドサプル 32.8
    16 ジェラシー 34.1
    15 レッドアヴァンセ 34.8
    02 アウェイク 54.0
    01 フロムマイハート 67.3
    18 ダイワドレッサー 86.9
    09 ウインファビラス 94.3
    07 ゲッカコウ 95.7
    10 ダンツペンダント 129.5

     その他、馬連は03-13が4.2倍、馬単は03-13が6.8倍、3連複は03-04-13が12.4倍、3連単は03-13-04が32.6倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    シンハライトー直前情報

     桜花賞2着馬シンハライト(石坂)は輸送後も落ち着き十分だ。馬房では干し草をぱくつき、初の長距離輸送を感じさせなかった。

     荻野斉助手は「おとなしかった。移動中もカイバを食べていた」と普段通りを強調した。「あとは自分の競馬をするだけ」。自信を持って池添騎手にバトンを託す。

     

    【2016年オークス予想|1番人気シンハライトの不安点】の続きを読む

    5
    優駿牝馬(オークス)予想|2016年|過去5年間の複勝圏内馬の活躍コースとは
     

    ◆第77回オークス・G1(22日・芝2400メートル、東京競馬場)

     牝馬クラシック第2弾、第77回オークス(22日、東京)は“1強”シンハライトの牙城を崩そうと、別路線組が牙を研いでいる。スイートピーSの覇者ジェラシーは母が敗れ、菊沢隆徳調教師が騎手時代にあと一歩届かなかった樫の舞台で頂点を狙う。

     スイートピーSを制して樫の舞台に滑り込んだジェラシーが、虎視たんたんと一発を狙っている。

     オークス制覇は一族の悲願だ。母は04年にフローラS2着からオークスで14着に敗れたグローリアスデイズ(栗東・音無厩舎)で、祖母は97年に4歳牝馬特別(現フローラS)3着で出走権を取りながら左前脚の亀裂骨折で本番を断念したグレースアドマイヤ(同・小林稔厩舎)。2戦目で初勝利を挙げた母、祖母とは対照的に、初白星をつかんだのはようやく4戦目のことだった。しかし、遠回りして積んだ豊富なレース経験は成長への糧になった。「それまで後方からの競馬も多かったけど、前走はスローペースのなか自然とあの位置(好位4番手)につけられた。それでもよく脚を使えたし、着差(鼻差)以上に強さを感じたね」と振り返るのは菊沢調教師だ。

     菊沢師もまた、オークスとの縁は深い。まだ現役だった07年、騎乗したラブカーナ(栗東・中村均厩舎)は鼻、3/4馬身差で3着。騎手としてのG1初勝利はあと一歩届かなかった。「あのときもスイートピーS(2着)からの臨戦だったんだよね。トライアルは好位から早めに仕掛けて(距離延長の)本番は後方から追い込んだ。この子も脚質に幅が出てきているし、そういう形もいいんじゃないかな」。愛馬の姿をだぶらせて目を細める。

     引き続き義兄の横山典を鞍上に迎える大一番。「ハードに攻められたし、あとはジョッキーにお任せするよ」。数々の縁に彩られた舞台でジェラシーが一族と師の雪辱を果たすか。(川上 大志)

     

    過去5年のオークスの複勝圏内馬

    日付馬名性別年齢騎手人気着順
    15年ミッキークイーン3浜中俊31
    15年ルージュバック3戸崎圭太12
    15年クルミナル3池添謙一63
    14年ヌーヴォレコルト3岩田康誠21
    14年ハープスター3川田将雅12
    14年バウンスシャッセ3北村宏司33
    13年メイショウマンボ3武幸四郎91
    13年エバーブロッサム3戸崎圭太52
    13年デニムアンドルビー3内田博幸13
    12年ジェンティルドンナ3川田将雅31
    12年ヴィルシーナ3内田博幸22
    12年アイスフォーリス3松岡正海93
    11年エリンコート3後藤浩輝71
    11年ピュアブリーゼ3柴田善臣82
    11年ホエールキャプチャ3池添謙一23

     

    ↑↑

    これらの馬が活躍しているコース

     

    コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
    阪神・芝1800外5- 4- 0- 3/1241.70%75.00%235122
    東京・芝20005- 4- 2- 4/1533.30%73.30%120136
    阪神・芝1600外5- 7- 1- 6/1926.30%68.40%57142
    中山・芝18003- 4- 1- 5/1323.10%61.50%128111
    京都・芝20003- 2- 1- 6/1225.00%50.00%7967
    東京・芝24002- 2- 0- 5/ 922.20%44.40%96122
    東京・芝16007- 4- 0-16/2725.90%40.70%257141
    東京・芝18002- 0- 1- 5/ 825.00%37.50%13072
    阪神・芝22000- 1- 2- 5/ 80.00%37.50%0197
    阪神・芝20004- 0- 0- 7/1136.40%36.40%12154
    中山・芝20002- 1- 0- 7/1020.00%30.00%590206
    阪神・芝14001- 1- 0- 5/ 714.30%28.60%6242
    京都・芝2200外1- 3- 0-14/185.60%22.20%2132
    中山・芝25001- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%9631

     

    ・阪神芝1800m

    ・東京芝2000m

     

     



    オークスの馬券を買う人に参考にしてもらいたいサイト
    無料予想が注目なんですよね・・・・
    だって的中率が半端ないwwww

    無料会員で馬連予想が見ることができるので
    おすすめです-高配当21
    okskouhai21






    このページのトップヘ