ヴィクトリアマイル|2016年|複勝圏内馬が活躍しているコースとは
 

◆ヴィクトリアマイル・追い切り(12日・美浦トレセン)

 第11回ヴィクトリアマイル(15日、東京)の出走馬が12日に確定した。カフェブリリアントは美浦トレセンで追い切り、上々の動きを披露した。

 カフェブリリアントは美浦のWコースへ。4ハロンから馬なりで単走と、派手さはなかったが、全体で55秒2、ラスト1ハロンは12秒5をマーク。序盤は頭を小刻みに上げて、相変わらずの口向きの悪さは見せたが、落ち着きを取り戻すとシャープに末脚を伸ばした。「矯正に努めながら調整を続けているが、今日は真っすぐ走れていた」と橋本助手は合格点をつけた。

 昨年のリーディング、堀厩舎が試行錯誤を続けている。休み明けの前走、スローペースだった阪神牝馬Sでは向こう正面で口向きの悪さをのぞかせて4着まで。「許容範囲ではあったが、もう少し折り合って運べば脚も使えるはず」。勝負をかけるG1へ向けて、この中間はよりスムーズな走りを追求している。「これなら、という馬装はまだ見つからないが、精神状態に応じて選択したい」と橋本助手。この日は右眼のみブリンカーを装着。大外をスムーズな動きで駆け抜けた内容には確かな効果がうかがえ、実戦でも初めてブリンカーを着けて臨むことが決定。調教ではトライアビット(リングハミに近いが、当たりは柔らかい)を選択していたハミを含めて馬具に関してはさらに検討を重ねていく。

 「昨年も特殊な流れのなかで5着だったし、G1でもそれほど見劣らないはず」。名門厩舎の努力が、モーリス、ドゥラメンテに続く、新たなG1ホースを生み出すか。(川上 大志)

 

ヴィクトリアマイル-過去5年の複勝圏内馬


日付馬名性別年齢騎手人気着順調教師走破タイム
15年ストレイトガール6戸崎圭太51藤原英昭1319
15年ケイアイエレガント6吉田豊122尾形充弘1319
15年ミナレット5江田照男183大和田成1322
14年ヴィルシーナ5内田博幸111友道康夫1323
14年メイショウマンボ4武幸四郎32飯田祐史1324
14年ストレイトガール5岩田康誠63藤原英昭1324
13年ヴィルシーナ4内田博幸11友道康夫1324
13年ホエールキャプチャ5蛯名正義122田中清隆1324
13年マイネイサベル5柴田大知53水野貴広1325
12年ホエールキャプチャ4横山典弘41田中清隆1324
12年ドナウブルー4ウィリア72石坂正1325
12年マルセリーナ4田辺裕信33松田博資1327
11年アパパネ4蛯名正義21国枝栄1319
11年ブエナビスタ5岩田康誠12松田博資1319
11年レディアルバローザ4福永祐一33笹田和秀1320

 

↑↑

これらの馬が活躍しているコース

コース着別度数勝率複勝率単勝複勝
函館・芝120012- 6- 0- 4/2254.50%81.80%166124
京都・芝20002- 2- 3- 3/1020.00%70.00%7591
東京・芝24004- 3- 2- 4/1330.80%69.20%272140
阪神・芝1600外9- 7- 0- 9/2536.00%64.00%140120
新潟・芝14003- 1- 1- 3/ 837.50%62.50%1880662
東京・芝160019- 9- 6-24/5832.80%58.60%353370
阪神・芝20003- 0- 1- 3/ 742.90%57.10%311132
阪神・芝22000- 2- 2- 3/ 70.00%57.10%0268
阪神・芝1800外3- 3- 0- 6/1225.00%50.00%209161
福島・芝18001- 1- 1- 4/ 714.30%42.90%12898
京都・芝1400外0- 1- 2- 4/ 70.00%42.90%0132
中山・芝16006- 1- 1-12/2030.00%40.00%391137
東京・芝18003- 1- 3-13/2015.00%35.00%22795
京都・芝1600外3- 1- 2-12/1816.70%33.30%171108
中山・芝18002- 1- 0- 6/ 922.20%33.30%337180
京都・芝2200外2- 2- 3-17/248.30%29.20%2244
新潟・芝1600外2- 0- 0- 5/ 728.60%28.60%415128
東京・芝14001- 1- 2-10/147.10%28.60%4573
札幌・芝12002- 0- 0- 6/ 825.00%25.00%537157
阪神・芝14002- 1- 1-18/229.10%18.20%3636

 

・函館芝1200m

 

【ヴィクトリアマイル|2016年|複勝圏内馬が活躍しているコースとは】の続きを読む