皐月賞予想|過去5年の複勝圏内馬の活躍コースとは
 

 皐月賞の追い切りが14日、東西トレセンで行われた。美浦ではフジテレビ賞スプリングSを勝ったマウントロブソンが、Wコースで好気配をアピール。未勝利から3連勝でトライアルを制覇。勢いなら3強に負けていない。栗東ではアドマイヤダイオウがCW単走で好仕上がりをアピールした。15日、ウインズ後楽園で午後2時から7時まで金曜発売を実施する。

 タフな馬場でも持ち味のしぶとさを存分に発揮した。フジテレビ賞スプリングSで重賞初制覇を飾ったマウントロブソンが、Wコースの3頭併せで力強い動きを見せた。

 新コンビのトミー・ベリー騎手を背に、先行するレインオーバー(1000万下)、スウィフトレイド(未勝利)を見ながら進む。直線では最内にもぐり込み、3頭馬体を併せての追い比べ。雨で走りづらい馬場をものともせず芦毛の馬体を躍らせる。4ハロン53秒0をマークして併入した。

 「落ち着きがあってリラックスして走れていた。最後の手応えもよかった」とT・ベリー騎手の感触は上々だ。堀調教師は「疲れもなく順調に乗り込めた。昨秋の放牧をはさんでだいぶ(心身ともに)しっかりした」と笑顔を見せる。

 初勝利に3戦を要したが、昨年12月の中山で勝ち上がると、あすなろ賞、スプリングSと3連勝。昨年10月のデビュー当時はひ弱さもあったが、一戦ごとにパワーアップしている。

 「今回も体が増えて順調に成長。上昇気配でGIに向かえるのはいい。できればいい枠を引いて、馬場のいいところを通りたい」と話していたトレーナーの、望みどおりの〔3〕枠(5)番をゲット。ドゥラメンテに続く史上4人目の皐月賞連覇も見えてきた。

 ディープインパクト産駒には珍しいしぶとく脚を伸ばすタイプで、母系は母の半兄がクロフネと晴雨兼用の万能型でスピード&パワーを兼備。血統的な魅力は十分ある。

 「まだ幼い面はあるが心配する材料ではない。ストライドやアクションが素晴らしく、馬場が悪くなっても大丈夫。2000メートルの距離もいいと思うので頑張りたい」とT・ベリー騎手は力を込める。上昇度なら3強に負けていない。白いディープ産駒が波乱を呼ぶ。 (片岡良典)

 

皐月賞過去5年の複勝圏内馬

日付馬名性別年齢騎手人気着順調教師走破タイム
15年ドゥラメンテ3M.デム31堀宣行1582
15年リアルスティール3福永祐一22矢作芳人1584
15年キタサンブラック3浜中俊43清水久詞1588
14年イスラボニータ3蛯名正義21栗田博憲1596
14年トゥザワールド3川田将雅12池江泰寿1598
14年ウインフルブルーム3柴田大知83宮本博1599
13年ロゴタイプ3M.デム11田中剛1580
13年エピファネイア3福永祐一22角居勝彦1581
13年コディーノ3横山典弘33藤沢和雄1583
12年ゴールドシップ3内田博幸41須貝尚介2013
12年ワールドエース3福永祐一22池江泰寿2017
12年ディープブリランテ3岩田康誠33矢作芳人2018
11年オルフェーヴル3池添謙一41池江泰寿2006
11年サダムパテック3岩田康誠12西園正都2011
11年ダノンバラード3武豊83池江泰寿2013
10年ヴィクトワールピサ3岩田康誠11角居勝彦2008
10年ヒルノダムール3藤田伸二62昆貢2010
10年エイシンフラッシュ3内田博幸113藤原英昭2010

 

↑↑

これらの馬が活躍しているコースとは

 

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
京都・芝1800外7- 2- 2- 0/1163.60%81.80%100.00%137148
京都・芝20007- 1- 2- 0/1070.00%80.00%100.00%150113
阪神・芝20007- 4- 4- 3/1838.90%61.10%83.30%107125
東京・芝180012- 3- 1- 5/2157.10%71.40%76.20%236121
阪神・芝1800外4- 3- 1- 3/1136.40%63.60%72.70%7792
中山・芝18004- 3- 2- 5/1428.60%50.00%64.30%137100
中山・芝25004- 2- 3- 8/1723.50%35.30%52.90%87131
京都・芝1600外3- 2- 1- 6/1225.00%41.70%50.00%200125
東京・芝20002- 1- 3- 6/1216.70%25.00%50.00%541185
東京・芝24005- 3- 2-17/2718.50%29.60%37.00%20094
東京・芝16002- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%9089
 
【皐月賞予想|過去5年の複勝圏内馬の活躍コースとは】の続きを読む