競馬革命|競馬のまとめ

競馬のあらゆるのもの紹介しています、そしてまとめています。

    keiba

    展開予想

    東京新聞杯予想|展開予想から気づく点
    これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな
    ハイブリッド 
    http://okanemoukeplus.com/
    元競馬関係者ならではの経験値!競馬の素人・プロの方でも満足の情報を無料でお届け。

    プライド 
    http://pride-k.com/
    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬元騎手の予想など無料コンテンツが満載

    池江道場 
    http://web.osiete-keiba.com/
    登録料0円/情報料0円で無料予想で大万馬券多数!

    馬生
    http://umanama.com/
    地方競馬から中央競馬までの無料予想が激アツ

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬予想会社ナイン

    【東京新聞杯(日曜=7日、東京芝1600メートル)注目馬:美浦発トレセン秘話】例年この時期になると、必ずソワソワし始める関係者が美浦トレセンに出現する。1回小倉開催が直前に迫ってきたためだ。相沢厩舎の三尾一之助手など「実はボクは美浦アレルギー。小倉、北海道の出張が外せないんです」と言い切るほど。その“特異体質”の真偽はともかく、関係者にとって冬の小倉が夏の北海道と並ぶ人気スポットなのは確かだ。

     ただ、そんな中で加藤和厩舎の加藤士津八助手が少々浮かぬ顔で自身の小倉行きを告げてきた。どちらかといえば出張好きのタイプ。一体どうしたかと聞いてみると…。

    「実は滞在馬の中にかなり行儀の悪い馬がいるんです。馬場入り口でターンしたり、調教中にビタッと止まったり…。これまで馬場で落とされたことは数知れず。あまりに危ないので騎手に調教を頼むのが申し訳なく、ボクが行くことになったんですよ」

     馬力という仕事率の単位があるように、馬のパワーは相当なもの。ゆえにそれを活用しようと、人は古くから馬とコミュニケーションを取る努力を重ねてきた。しかしいかに調教技術が進歩しようと、メンタルをコントロールしにくい暴れ馬はなお現存する。そのリスクを起源とするホースマンの危険性も何度か目の当たりにしているだけに…。結果の良否を問わず、まずはシヅヤの無事なる帰還を願いたい。

     さて、今週のGIII東京新聞杯にも、実は“暴れ馬”もどきが出走する。香港マイル=7着から仕切り直しを誓うダノンプラチナである。

    「走る馬はみんなオレがボス、と思っているからねぇ。とにかく自分の思いを押し通そうとする我が強いんだ」

     国枝栄調教師が語るように、デビュー当初から携わる人間に苦労をかけた馬である。坂路手前の壁に寄り付きテコでも動かなかった姿を、当方も何度か目撃している。

    「今は徐々に言うことを聞くようにもなったけどね。実際その負けん気、エネルギーを実戦で出してくれさえすれば文句はないよ。ゴールドシップしかり、オルフェーヴルしかり。走ればみな個性派と呼ばれるんだから」

     初の古馬GIタイトル奪取をもくろむ今年は、ダノンプラチナがニュー“個性派”を目指す元年でもある。まずはその第一歩に注目したい。

     

     

    東京新聞杯展開予想

    やっぱり前目でレースができる

    ダイワリベラル

     

     

     

    1:2016/02/06(土) 14:47:54.98 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  2/7 東京11R 芝・左 1600m
    ┃第66回東京新聞杯(GIII) .┃(´∀` )<4歳以上(国際)[指定]オープン 別定 発走15:45
    ┣━┯━┯━━━━━━━┻○━○━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │グランシルク          .[牡4]│56│池  添│(東)戸田博│ニューイヤ 3┃
    ┃2 │2 │ダノンプラチナ       [牡4]│57│蛯  名│(東)国枝栄│香港M..7┃
    ┃3 │3 │エキストラエンド         [牡7]│57│岩  田│(西)角居勝│京都金 7┃
    ┃3 │4 │ダイワリベラル         [牡5]│56│横山典│(東)菊沢隆│ニューイヤ 1┃
    ┃4 │5 │タガノブルグ        .[牡5]│56│三  浦│(西)鮫島一│阪神C 11┃
    ┃4 │6 │スマートレイアー       [牝6]│55│吉田隼│(西)大久龍│エリ女 5┃
    ┃5 │7 │ルルーシュ       .    [牡8]│57│柴田善│(東)藤沢和│AJCC 15┃
    ┃5 │8 │マーティンボロ         .[牡7]│58│sフォ-リ-│(西)友道康│京都金 9┃
    ┃6 │9 │アルマワイオリ         [牡4]│56│勝  浦│(西)西浦勝│阪神C 7 ┃
    ┃6 │10│マイネルアウラート     [牡5]│56│柴田大│(東)高橋裕│阪神C 9 ┃
    ┃7 │11│(外)ダッシングブレイズ  [牡4]│56│浜  中│(西)吉村圭│リゲルS 1 ┃
    ┃7 │12│トーセンスターダム      [牡5]│56│F・ベリー│(西)池江寿│京都金10┃
    ┃8 │13│サトノギャラント         .[牡7]│56│柴  山│(東)藤沢和│関屋記 8┃
    ┃8 │14│テイエムタイホー       .[牡7]│57│戸  崎│(西)鈴木孝│京都金 2┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

    前スレ
    2/7(日) 第66回東京新聞杯(GⅢ) part1 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1454226289/

     
    3:2016/02/06(土) 14:59:10.14 ID:
    ダノンプラチナはプラス20キロでの出走です
    明らかな叩きレースだけど買いたい人はどうぞ
    【東京新聞杯予想|展開予想から気づく点】の続きを読む

    5

    きさらぎ賞予想|展開予想から注目

     

    無料コンテンツが豊富な競馬情報会社を集めました
    もちろん管理人もすべて無料会員になっています!!


    ギャロップジャパン 
    http://gallopjapan.jp/
    登録料0円!無料予想だけで楽しめる!競馬ファンに見逃せない情報

    的中ファクトリー 
    http://tekichu-factory.com/
    競馬ファン関係者が毎週お届けする競馬情報

    大川慶次郎 
    http://fm.tekityu-detalab.com
    競馬予想に役立つ情報が無料でゲット!フリメOK

    PREMIUM ~極上投資馬券~
    http://www.premium-h.jp
    競馬予想が激アツのサイト!無料予想で3連単ゲット

    競馬スピリッツ 
    http://www.hicchu.net/
    競馬の有名記者など在籍!毎日、いろいろなコンテンツ更新
    無料コンテンツが満載!フリーメール可能

    by競馬予想会社ファン

     高額馬が火花を散らす“5億円マッチ”は第2章へ――。昨秋に京都新馬戦で対戦した超良血ディープインパクト産駒2頭が「第56回きさらぎ賞」で再び激突!デビュー2連勝を飾ったサトノダイヤモンド(税込み2億4150万円)はルメールを背に栗東CWコース併せ馬でしっかり動き、重賞獲りへの態勢を整えた。

     最後までゴーサインを送るシーンはなく、馬なりでグイグイ伸びてきた。サトノダイヤモンドは主戦ルメールを背にCWコースへ。6F標識を通過した時点でゴールドラッシュ(3歳未勝利)を2馬身追走でスタート。道中は僚馬との差を保ったまま行きたがるそぶりは一切なし。ピッタリ折り合って絶好の手応えで4コーナーへ。内に進路を取って並び掛けるとラスト1F手前で引き離しにかかる。1週前に負荷をかけて、この日はしまい重点で6F87秒4~1F12秒3を刻み、2馬身先着でゴール。

     引き揚げてきた鞍上は「リラックスして走っていたし、反応も良かった。とてもいい感じ。新馬戦の追い切りはちょっと重たくてエンジンがかかるのに時間がかかったけど今はそういうのがない。あの頃より反応が良くなっている」とこれぞ絶賛の嵐といった口ぶり。

     13年当歳セレクトセールにおいて2億4150万円(税込み)もの値がついた逸材が、評判通りデビュー2連勝を飾って重賞へ。新馬戦は好位から抜け出して2馬身半差、前走・平場500万は一転、中団から差し切って3馬身半差。展開次第で柔軟に立ち回れるうまさを印象づけた。ここ2走から1F短縮で初の1800メートル起用になるが、これはもう重箱の隅をつつくレベルのあら探し。ルメールは「乗りやすくて前走もリラックスして走れていた。瞬発力が持ち味。京都の外回りは直線が長いし、距離は1800メートルでも」と条件替わりを全く気にしていない。

     ここで重賞初制覇なら、賞金加算という意味でも一気に視界が開ける。池江師は「新馬戦はあまり(稽古を)やっていなかったし、あんなに動けるとはね。前走の内容は何も言うことがない。センスがいい」と引き続き期待。名門厩舎のクラシック候補生が大舞台を目指して連勝街道を突っ走る。

     ▼馬名の由来 「サトノ」は里見治オーナーの冠名。額にある白いひし形の流星がダイヤモンドに見えることから命名。

     ▼新馬戦VTR(15年11月8日、京都芝2000メートル) サトノダイヤモンドは好位2番手から。逃げたロードヴァンドールの半馬身外でスムーズに折り合った。ロイカバードは1馬身後ろの最内で前を見ながらの競馬。レースが動いたのは3角。後方からまくったダノンアローダ(3着)が一気に先頭に躍り出たが、ダイヤモンドは動じず位置をキープ。直線で追い出すと、食い下がるロイカバードを2馬身半突き放して初陣を飾った。

     
     
    きさらぎ賞・・・最後の直線では
    【きさらぎ賞予想|展開予想から注目】の続きを読む

    このページのトップヘ