阪神カップ予想|過去5年の複勝圏内馬の直結指数とは?


ここの無料予想で今週、儲けますwww
馬券の帝王が熱い
arimakinenbaken

 

ビックアーサーなど、阪神C最終追いきり速報/栗東トレセンニュース

 12月26日(土)阪神芝1400mで行われるGII、阪神カップに出走を予定している栗東所属馬の最終追い切り速報をお届けしたい。

 これまで8戦して6勝のビッグアーサー(栗東・藤岡健一厩舎)は坂路馬場が閉場する直前の時間帯に単走で追い切り。最初は右埒沿いを走って、終始頭を上げる仕草。行きたがるところを懸命になだめて、後半2Fで手綱を譲っての走り。そこから一気にラップを上げて、最後は抜群の伸びでゴール。4F54.9~3F39.3~2F24.7~1F12.2秒は全体時計こそ遅いものの、加速ラップを踏んだことを評価したい。

 ダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎)はC.ルメール騎手を背に、2回目のハロー掛けが終了した時間にサンデーウィザードと併せ馬。追走した分、最後は追いついただけになったが、時計的には4F53.0~3F38.5~2F25.0~1F12.4秒と遅すぎず速すぎずの内容だった。

 前走キャピタルSを勝ったサンライズメジャー(栗東・浜田多実雄厩舎)は、坂路で2回目のハロー掛け直前の時間帯に単走。4F59.1~3F42.7~2F27.5~1F13.3秒と数字だけ見れば、かなり不安になるような時計だが、これは前走時と変わらない。もともと1週前追い切りである程度やってくるタイプで、この中間もそれはできているので、地味でもこの最終追い切りで問題ない。
(取材・写真:井内利彰)

 
阪神カップー複勝圏内馬
 
日付馬名性別年齢騎手人気着順所属調教師
14年リアルインパクト6ビュイッ81(美)堀宣行
14年コパノリチャード4武豊32(栗)宮徹
14年ダイワマッジョーレ5C.デム53(栗)矢作芳人
13年リアルインパクト5ムーア81(美)堀宣行
13年ガルボ6岩田康誠102(美)清水英克
13年クラレント4川田将雅73(栗)橋口弘次
12年サンカルロ6吉田豊31(美)大久保洋
12年ガルボ5石橋脩142(美)清水英克
12年ファイナルフォーム3ムーア23(美)堀宣行
11年サンカルロ5吉田豊41(美)大久保洋
11年グランプリボス3M.デム52(栗)矢作芳人
11年フラガラッハ4武豊133(栗)松永幹夫
10年キンシャサノキセキ7スミヨン21(美)堀宣行
10年レッドスパーダ4横山典弘52(美)藤沢和雄
10年マイネルフォーグ6ルメール153(栗)宮徹
【阪神カップ予想|過去5年の複勝圏内馬の直結指数とは?】の続きを読む