競馬革命|競馬のまとめ

競馬のあらゆるのもの紹介しています、そしてまとめています。

    keiba

    秋華賞

    5

    秋華賞が開催される、京都競馬場芝2000mのまとめ


    【広告】競馬ファンならチェック必至!!
    ギャロップジャパン-熱い!!無料会員ならチェックできます
    shukashogj


    『秋華賞』レース展望

     今週から秋のGIシリーズが再開。京都競馬場では18日に3歳牝馬3冠レースの最終戦・秋華賞(芝2000メートル)が行われる。

     今年は抜けた馬が不在なうえ、京都内回りの多頭数戦でもあり、波乱含みだが、1番人気が予想されるのはオークス馬ミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎)。秋初戦のトライアル・ローズSは出遅れも影響して、追い込み届かず、タッチングスピーチから1馬身1/2差の2着に敗れた。休み明けをひと叩きされた効果で気配は上昇しているが、広くて直線も長いローズSと違い、今度はトリッキーな小回りコースが舞台。馬群をさばけるかどうかが大きなポイントになる。

     桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎)は、オークス10着以来の秋初戦となったローズSで4着。先手を取って粘り切れなかった形だが、決して楽なペースではなかっただけに内容は悪くない。前走は14キロ増での出走でもあり、叩いた上積みは見込める。1600メートルを超える距離で楽観はできないが、小回りコースだけにうまくスタミナを温存して立ち回れれば、2度目のGI制覇があっても不思議はない。

     春のクラシック馬2頭を破ってローズSを制したのがタッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎)だ。忘れな草賞8着後、休養をはさみ、復帰戦となった札幌の500万下を圧勝。その勢いに乗ってローズSも後方一気の内容で連勝した。勢いという点では一番だが、粗削りな面も残っており、脚質的に小回りコース向きとはいえない。ミッキークイーン同様、馬群をどうさばくかが注目される。

     ココロノアイ(美浦・尾関知人厩舎)はオークス7着後に骨折が判明。今回は5カ月ぶりの復帰戦となるが、骨折の症状自体は軽かったため、入念に乗り込まれて上々の仕上がりを見せている。アルテミスS、チューリップ賞と重賞を2勝しており、阪神ジュベナイルフィリーズでも小差の3着に好走した実績の持ち主。当日落ち着いて臨めれば、持ち前の決め手で一発があっても驚けない。

     トーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎)は骨折で春のクラシックを棒に振ったが、夏の中京、小倉で古馬相手に連勝。重賞初挑戦となったローズSでも3着に食い込んだ。まだ伸びしろはかなり見込め、比較的自在性がある点も頼もしい。母がエリザベス女王杯優勝、ドバイワールドC2着のトゥザヴィクトリーで、全兄に重賞5勝で有馬記念3着2回のトゥザグローリー、弥生賞優勝、皐月賞&有馬記念2着のトゥザワールドと血統面も魅力たっぷりだ。

     クイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎)はデビューから3連勝でフィリーズレビューを制した後、桜花賞4着、オークス9着、ローズS5着と案外だが、はまったときの末脚は強烈なものがある。京都コースは初めてだが、うまく立ち回ることができれば上位争いも十分に可能だろう。

     紫苑Sを制したクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎)は、もともとの安定感に加えて決め手も身に付けてきた。吉田豊騎手とも手が合う印象で、自在性を生かして好勝負を狙う。

     ローズSは7着に終わったが、その前走のスイートピーSを3戦全勝で制したディープジュエリー(美浦・国枝栄厩舎)、同厩で紫苑S2着のホワイトエレガンス、さらには主戦の手綱に戻るアンドリエッテ(栗東・牧田和弥厩舎)、久々でも底力のあるキャットコイン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎)、前走で地力強化を印象付けたアスカビレン(栗東・中尾秀正厩舎)なども魅力のある存在だ。

     過去10年のうち6回で1、2番人気がそろって馬券に絡むなど、トリッキーなコース設定のわりに堅い決着になることも多いが、2008年には3連単1000万馬券が飛び出したこともある。今年はどんな結末が待ち受けているのか。3歳牝馬の激闘を目に焼き付けたい。

     
    秋華賞が開催される、京都芝2000mデータ
    過去2年~
    【秋華賞が開催される、京都競馬場芝2000mのまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ