神戸新聞杯予想|キロハナは強いのか?



競馬の予想はここは激アツ、無料予想で万馬券も
勝馬伝説・口コミ・評価・評判
katichiuma




      キロハナの一発あるのか?

 「神戸新聞杯・G2」(27日、阪神)

 上昇ムードだ。16日の動きに物足りなさを感じたキロハナだが、21日の朝は栗東坂路で上々の動きを披露。4F56秒7-12秒9とタイムは平凡ながらも、手応えには余裕があった。田重田助手は「いい意味で余裕がある感じ。動きは良かった」と内容に満足げ。

 祖母にノースフライトを持つディープインパクト産駒。骨折で春シーズンは棒に振ったが、ここで無傷3連勝&重賞初Vを決めれば、一気に主役へのし上がれる。「いきなりはどうかも、普通に走ってくれれば。今は楽しみしかありません」と仕上げ人は前向きだ。

 
 1週前追いきり談

【神戸新聞杯(27日=日曜、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬16日1週前追い切り:栗東】ダービートライアル・若葉Sの前に骨折でリタイアした2戦2勝のキロハナ(牡・池江)は浜中を背にウッドコースで追い切られた。

 サトノノブレス(古馬オープン)を追いかける形でスタート。ラスト1ハロンで仕掛けられると、俊敏に加速。きっちりとハナ面を併せてフィニッシュに持ち込んだ。タイムは6ハロン85・7―68・8―53・2―39・7―12・0秒。

 浜中騎手「春と比べても動きは相変わらずいい。態勢は整ったと思う」

 

キロハナの新馬戦

 

500万

 

 

 

ペルーフ・サトノラーゼンを中山に運んでまで

この馬のために用意した

 

2chの意見

 

 

【神戸新聞杯予想|キロハナは強いのか?】の続きを読む