鮫島親子、親子3人レースは史上初
 

 JRA小倉競馬場(北九州市小倉南区)で29日に開催された「ひまわり賞」で、鮫島克也(52)と長男良太(28)、次男克駿(かつま)(18)の3騎手による「親子対決」が実現した。

 JRAによると、親子3人の同時騎乗は初めて。父は地方競馬の佐賀競馬、子どもはJRAと主戦場は違うが、九州産馬限定のレースに父が佐賀競馬の馬と共に参戦した。

 結果は長男が6着、次男が12着、父は14着。「一度は実現させたかった。3人で乗って感無量」と克也騎手。完敗の悔しさよりも、息子たちの成長ぶりにしみじみ。【角田直哉】

 



鮫島父

鮫島克也-佐賀競馬の騎手


鮫島長男

鮫島良太-28歳、JRA騎手


鮫島次男

鮫島克駿-18歳、JRA騎手