競馬革命|競馬のまとめ

競馬のあらゆるのもの紹介しています、そしてまとめています。

    keiba

    2015年07月

    5

    クイーンSでやりそうな騎手まとめ



    ここの無料予想は的中率高い
    競馬予想コンシェルジュ
    美味しかった


     

    【クイーンS】レッドリヴェール、カイバの工夫で不安解消『これなら大丈夫』

    【クイーンS(日曜=8月2日、札幌芝1800メートル)トレセン秘話】馬券を買う上で頭を悩ませる材料の一つが、当日に発表される馬体重の増減だ。その数字が0に近ければ安心できるが、10キロを超すと不安が心をよぎる。レース終了後、「見なきゃよかった」と嘆いた経験を持つファンも少なくなかろう。

     今年の函館でも極端な変動の末に結果を残した馬が何頭かいた。代表例は函館記念を制したダービーフィズ。当日発表こそ「マイナス6キロ」だが、448キロは4走前と比べて18キロ減。滞在競馬でもあり“消し”のサインと読みたいが、管理する小島太調教師は戦前から「今回は絞っていく」と宣言していた。過去に顕著な傾向があろうと、決してそれが万能ではないことを示す結果だろう。

     同様のことは先週26日の函館500万を勝ち上がったハナズリベンジにも言える。こちらは当日発表が「プラス10」。1000万で2着した2走前と比べて18キロ増で、494キロは自身の過去最高体重でもあった。それでも担当の今井拓也助手は「こちらに来てから食いがすごく良くなった。骨格から測れば500キロあっていいと個人的に思う。増加は好調の証しと思ってください」とレース前に公言。自信を持って勝負できた一戦だ。

     さて、今週札幌にも当日の体重が気になる馬がいる。クイーンSの主役、レッドリヴェールだ。1週前追い切りの翌日となる先週23日、担当の今浪隆利厩務員に数字を聞くと「ビシッとやった後に食いが落ちてしまって…。現時点で436キロ(前走出走時430キロ)や」と渋い顔。2歳女王に輝いた一昨年以降、常に体重が調子のバロメーターとなってきた馬だけに、心配材料だったが…。週をまたぐと今浪さんの表情が一変した。

    「ええで。カイバを工夫して、だいぶ戻ったわ。輸送後は食わん馬やけど、これなら大丈夫」

     話を聞けば、工夫の仕方は多岐にわたる。通常は2~3回のカイバづけの回数を増やし、様々な飼料を混ぜることなく個別に与えることで、なるべく好きなものを多く食べさせる。さらに、ニンジンをスライスしたものをふりかけ代わりにエサに乗せ、馬の機嫌を取っているとか。加えて「この馬は必ず水で口をゆすぎながらカイバを食べる。水が汚れていると食べないので、一回の食事で4回は水も替える」と言うから、その苦労のほどが分かる。

     体重の増減は偶然とは限らない。時にそれが関係者の努力の証しであると思えば、ファンもパドックを歩く人馬を見る目が、だいぶ変わってくるに違いない。

     
    札幌芝1800mの相性バツグンの騎手
     
    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    福永祐一7- 0- 1- 7/1546.70%46.70%53.30%15874
    松田大作1- 1- 2- 6/1010.00%20.00%40.00%75131
    吉田隼人0- 5- 2-12/190.00%26.30%36.80%0139
    横山典弘3- 1- 0- 8/1225.00%33.30%33.30%8668
    黛弘人0- 2- 0- 9/110.00%18.20%18.20%0342
    横山和生0- 0- 1- 6/ 70.00%0.00%14.30%024
    藤岡康太0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%015

     

     

    こうやって見ると…福永祐一ですね。



    ルメールは経験なしですね。

     

    【クイーンSでやりそうな騎手まとめ】の続きを読む

    5

    アイビスサマーダッシュでやりそうな騎手まとめ

     

     

    アイビスサマーダッシュの注目サイト
    競馬スピリッツが熱い!!
    競馬スピリッツの無料会員

     


    新潟芝1000mでは15番人気勝利

    「韋駄天S」(24日、新潟)

    ブービー15番人気の伏兵が、新潟名物“ストレート勝負”を制した。

    中団馬群で構えたフレイムヘイロー(セン7歳、美浦・蛯名)が、先に抜け出しを図ったネロを内から差し切り、オープン初勝利を挙げた。西田は「直線競馬は初めてだったので、適性を試すために出たなりの競馬を。やめるところがある馬でいったんは反応が悪くなったが、最後にもうひと伸びをしてくれました」とうなずいた。



    韋駄天ステークス 

     
     
    やっぱり注目なのは西田騎手ですね
     
    【アイビスサマーダッシュでやりそうな騎手まとめ】の続きを読む

    5

    【WIN5】騎手データより2015年7月26日

     


    WIN5の注目サイト
    まずは無料会員から
    大川慶次郎の無料会員になると予想をゲットできます

    ookawa11






    先週のWIN5

    7/19(日)のWIN5対象レースの結果は、以下の通り。

    的中馬番 7-4-5-10-13
    払戻金 208,134,880円
    的中票数 2票
    返還金額 2,212,500円
    次回へのキャリーオーバー 0円

    発売票数 5,968,836票
    発売金額 596,883,600円

    ▼1レース目 中京10R シンガポールターフクラブ賞
    勝馬:7.ポセイドンバローズ
    人気:11番人気
    残票:69,277票

    ▼2レース目 福島10R 鶴ヶ城特別
    勝馬:4.キンシザイル
    人気:9番人気
    残票:2,001票
    出走取消:6.ヒラボククラウン

    ▼3レース目 函館11R 函館記念
    勝馬:5.ダービーフィズ
    人気:3番人気
    残票:214票

    ▼4レース目 中京11R ジュライS
    勝馬:10.サウンドトゥルー
    人気:5番人気
    残票:31票

    ▼5レース目 福島11R バーデンバーデンC
    勝馬:13.バーバラ
    人気:5番人気
    残票:2票

    ※結果は主催者発表のものと照合してください。

     

    WIN5騎手データ

    過去1年間

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    岩田康誠18- 8- 9-63/9818.40%26.50%35.70%11276
    戸崎圭太14-13-13-58/9814.30%27.60%40.80%89114
    福永祐一13-15- 8-55/9114.30%30.80%39.60%9488
    武豊12- 9- 9-59/8913.50%23.60%33.70%8169
    蛯名正義11-11- 6-62/9012.20%24.40%31.10%9976
    川田将雅11-10- 6-48/7514.70%28.00%36.00%8482
    柴田善臣9- 3- 5-56/7312.30%16.40%23.30%11359
    浜中俊8-12- 8-65/938.60%21.50%30.10%5972
    北村宏司8- 9- 7-58/829.80%20.70%29.30%12896
    横山典弘8- 6-10-53/7710.40%18.20%31.20%22894
    幸英明8- 4- 4-71/879.20%13.80%18.40%14656
    松山弘平8- 3- 5-64/8010.00%13.80%20.00%8060
    M.デム7- 3- 2-21/3321.20%30.30%36.40%9576
    藤岡佑介6- 7- 9-46/688.80%19.10%32.40%75112
    田辺裕信6- 6- 9-60/817.40%14.80%25.90%5595
    三浦皇成5- 8- 3-57/736.80%17.80%21.90%4965
    ルメール5- 4- 7-24/4012.50%22.50%40.00%76107
    国分優作5- 3- 4-44/568.90%14.30%21.40%354153
    大野拓弥5- 2- 6-47/608.30%11.70%21.70%126130

    これを踏まえて

    中京10レース

    8番 サンレーン(武豊)

    9番 ロードヴォルケーノ(福永祐一)

     

    福島10レース

    5番 クラシックメダル(オール)

    8番 ロジテール(松岡正海)

    12番 リアルエンブレム(田辺裕信)

     

    函館11レース

    9番 ブランボヌール(岩田康誠)

     

    中京11レース

    3番 カレンブラックヒル(秋山真一郎)

    5番 カオスモス(福永祐一)

    11番 レッドアリオン(川須栄彦)

     

    福島11レース

    4番 ヒストリカル(戸崎圭太)

     

     

     
    無料コンテンツが多い注目サイト
    競馬スピリッツ-口コミ

    函館2歳Sやりそうな馬|アルマククナと中舘調教師
     

    競馬スピリッツ
    競馬スピリッツ


     
    【函館2歳S】中舘厩舎、あるぞアルマククナで重賞初制覇

     ヒシアマゾンの追い込み、ツインターボの逃げなど、騎手時代に個性的なプレーで活躍した中舘英二調教師(50)=美浦=が、今年3月の開業以来、初めて重賞に挑む。函館2歳S(26日)に送り込むアルマククナは、新馬戦を2番手から抜け出すセンスあふれるレースで快勝。記念すべき初挑戦Vも夢ではない。

     中舘厩舎の記念すべき重賞初挑戦を飾るのは6月20日の新馬戦(函館・芝1000メートル)を制して駒を進めるアルマククナだ。「ハナから粘り込むような競馬を想定していたけど、思った以上にセンスが良いね」。トレーナーが振り返るように、2番手からロスなく内を回ると、しまいでもうひと伸び。後続を完封(0秒3差)した勝ちっぷりは、1ハロン距離が延びる世代最初の重賞でも躍動を予感させる。

     父マイネルラヴは、98年スプリンターズSでタイキシャトルに土をつけるなど重賞3勝。騎乗機会はなかったが、現役時代の師の心に残る競走馬だった。「大西オーナーが好きだったことを知っていて、開業間もなく『預かってくれない?』と声をかけてくれた」。それだけに思い入れも強い。

     3月1日の開業以来、64戦で積み上げた勝利は4つ。JRA通算1823勝の実績を誇る名手も調教師として勉強の日々を続けている。「より広い視野で競馬に接するようになった。将来のある馬たちが人間のエゴで走るのを嫌になってはいけない」。何より大切にしているのは馬優先の姿勢だ。

     初重賞を前にしても、気負いはない。「騒いでもらえるのはありがたいこと。でも、重賞だ、未勝利戦だと言っている余裕はまだない。どのレースも同じ気持ちで臨むだけ」。数々の競馬シーンを湧かせてきた逃げの名手が、期待の若駒とともに2歳戦線の先頭を目指す。(川上 大志)

     ◆中舘 英二(なかだて・えいじ) 1965年7月22日、東京都荒川区生まれ。50歳。84年騎手デビュー。通算1万7695戦で、1823勝は歴代9位。93年阪神3歳牝馬S(当時)、94年エリザベス女王杯(ともにヒシアマゾン)、07年スプリンターズS(アストンマーチャン)のG1・3勝含む重賞30勝。15年1月騎手引退。調教師として同年3月より開業。ここまで64戦で4勝。

     

    新馬戦-アルマククナ

     

    中舘厩舎の初重賞制覇 

     

    ツイッターの声

    【函館2歳Sやりそうな馬|アルマククナと中舘調教師】の続きを読む

    5

    函館2歳Sでやりそうな騎手まとめ 

     


    函館2歳Sー管理人はここのサイトに注目しています。
    競馬コンシェルジュ口コミ

    keibako1



     

     

     

    【函館2歳S(26日=日曜、函館芝1200メートル)注目馬22日最終追い切り:函館】デビュー戦を4馬身差で快勝したメジャータイフーンは三浦を背にウッド4ハロンからヴィータアレグリア(古馬500万下)を2馬身差で追走。直線は内に潜り込み、余力十分に1馬身先着した(54・6―38・3―12・4秒)。

     高柳調教師「実戦を使って体が締まったし、気配もいいね。ゲートはあまり速くなかったが、競馬を経験した今回はもう少し出ると思う。多頭数で馬群に囲まれた際がどうかだが、レースもある程度流れるはずだから。パワーがあるので悪馬場もこなしてくれそう」

     
    今回ブック想定では
    勝浦
    【函館2歳Sでやりそうな騎手まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ